協会概要 活動報告 スケジュール 会員紹介 賛助会員募集 HOME

協会の目標

我が国における高齢化社会と差し迫った超高齢化社会を視座しながら、私どもは歯科医療の分野における歯科医療人としての社会貢献を目指しております。そのために従前から欠損補綴物の製作に世界で初めて、補綴構造設計を取り入れることで、患者さんにとって、従来にない劇的に変化するキャストパーシャルデンチャーを提供することを心しております。


活動内容

欠損補綴の高度な製作技術をこなすのは、単なるロボットではなく血が通った人間達であります。生き生きとした補綴製作者としての立場から、さらに名誉ある歯科医療人としての職業的立場の確立を目指していきます。
同時に歯科技工とその関連領域についての学術的知見を切磋琢磨し、補綴構造設計をさらに進化させながら、付帯する多くの新材料や新器材を駆使して毎年修練の場を昇華させるものであります。最終目標は患者思いの「補綴構造設計士」の公的ライセンスにあります。ですから、近々は一般社団法人も視野に入れての活動となります。それと並行して、次世代歯科技工士たる後進の夢ある育成に全力投球していきます。


日本補綴構造設計士協会の意義

1. 川島 哲のキャストパーシャルの製作法は日々進化し簡便化(合理化)していくので、それらを、そのつど会員に公開する。
2. 会員の再講習を行い、さらに上段のPSD「師範講師」として育成する。
3. 師範講師は技術的にも人間的にも指導者として技工業界の「たいまつ」としての牽引役を果たしていく。同時にPSDはその師範講師に対して協力する。
4. 欠損補綴における、とりわけキャストパーシャルの構造設計を数値化し学問としての補綴構造設計“学”の確立を最終目標とする。
5. 構造設計“図”をもって、構造設計を労働対価として展望し、構造設計“料”の普及定着を目指し経済的自立をはかる。
6. 国際的な情報を得るために、海外研修旅行を実施する。
7. 経済的にも、ゆとりある歯科技工ライフを目指し、同時に患者に対して“絶妙に調和する補綴物”の提供を義務とする。


協会概要

名称 一般社団法人 日本補綴構造設計士協会
代表者 会長 川島 哲
 (有)ユニデント代表取締役社長
 川島セミナー 代表
事務局 〒350-1121 埼玉県川越市脇田新町5-13
Tel 049-244-5200 Fax 049-244-1023
顧問税理事務所 榎本総合会計事務所 赤澤 貢
顧問弁護士 はるか法律事務所 佐藤 徳典
協会役員 副会長 大橋 文男
南木 康広
専務理事 片岡 均
常務理事 有村 俊介
中野 進也
佐藤 洋久
石本 忍
内木 雄一(外部)
理事 小海 忠士
田島 慶二
北野 吉彦
新岡 隆一
羽山 伊知郎
監事 山賀 英司
土田 康夫(外部)
相談役 松本 光治
歯科技工未来戦略会議
ゆとりある歯科技工ライフ向上委員会
議長 石本 忍
副議長 須崎 慎一
佐藤 洋久
相談役 南木 康広
師範講師 大橋 文男
PSD講師 羽山 伊知郎
小暮 勝之
中野 進也
PSDインストラクター 瀬田 寿樹


ページの先頭へ
協会概要  活動報告  スケジュール  会員紹介  賛助会員募集  HOME
Copyright©2013 PSD, All Right Reserved.